私が実践しているエアコンの掃除テクニック

みなさんはエアコンの掃除はどの時期におこないますか?きっと夏前の時期か、もしくは大掃除の時期に掃除する方がほとんどですよね。そのタイミングではエアコンの状態がいまいちで実はうまく使えていないことが多いのです。

エアコンの修理業者さんも行なっているメンテナンス方法を私は実践してみてこれはいいな思ったことが幾つかありますのでご紹介したいと思います。

最近のエアコンは冷暖房機能が当たり前です。しかもエアコン自身で内部クリーンの機能が備わっておりますので、割と掃除の手間が省けるのです。ですが、夏場の時期や冬の時期にはエアコン内のクリーニングが十分できないことがあるそうです。

まずは夏場ですがエアコンを使う際に結露が出ますがこれは室内から発生する水分です。この中には菌がうじゃうじゃいますので必ず内部クリーンをしましょう。もしくはエアコンを使った後は除湿機能で室内の除湿を行うとエアコン自体の湿気も取り除けますので、冷房の後は除湿そして内部クリーンを行うとエアコンに菌が溜まりにくくなりカビ臭い匂いや冷風の効きが良くなります。

そして夏場が終われば中の掃除とフィルターは掃除しましょう。とても汚くなっています。目に見えない菌も付着してますのでできれば水洗いして乾かしてください。これをするとカビ臭い匂いが消えます。

次に冬場ですがこちらも同様に暖房を使うと室内の乾燥が起こります。部屋の湿度にもよりますが加湿している家では、エアコン内に結露おこることがあります。この予防は先に記載した通りに暖房、除湿、内部クリーンの順で作動させるとカビの対策になります。

次に暖房をつけている段階では、比較的フィルター内は菌が発生しにくい状態です。ですので冬場は簡単な掃除で十分かと思います。

乾燥している状態なのでエアコンの周りには埃が付着しやすいです。エアコン全体を軽く拭くだけで清潔に保てるかと思います。

いかがでしょうか。エアコンを綺麗に使っていくためにはエアコン内のカビの発生をいかに予防できるかにもかかっています。時期によってみんなさんのご家庭にあるエアコンの稼働状況を見て掃除してもらえればこまめにする必要はなく綺麗に使うことができます。