自宅で簡単にメンテナンスが出来るエアコン掃除のワンポイント

夏も冬もエアコンが必要不可欠となります。オールシーズンエアコンを使うご家庭もいるかと思います。そんな、エアコンですが本体の内部にカビや埃が溜まってしまいます。そのまま放置していると、埃やカビで汚れた空気を室内に撒き散らしてしまいかねません。お子さんや高齢の方がいるご家庭ですと、健康面にも悪影響を及ぼしてしまいます。そのため、エアコンの掃除は定期的に行う事が必要となるのです。

エアコンの掃除と言うと、どのように行ったら良いか分からないという人も多いです。徹底的に綺麗にする場合には、プロの方はエアコンクリーニングの依頼が必要ですが、自分で掃除が出来る部分だけでも、定期的に掃除をしていく事で清潔に維持が出来ます。

エアコン掃除で、まず大変なのが埃とカビ汚れです。フィルターに詰まっている埃やエアコン本体内部に発生しているカビを除去していく必要があります。エアコンのフロントパネルを開くと、フィルターが付いている機種が多いです。掃除機を使ってフィルターや周辺に付着している埃を吸い取ります。

その後、フィルターを取り外して水洗いをしていきます。フィルターは、埃が付着している反対面からシャワーなどの水圧をかけると、あっという間に埃が洗い流せます。細かい埃については、ブラシを使って擦り落とす事がコツとなります。水気を取ってフィルターを乾燥させれば、フィルターの掃除はすぐに終わります。

エアコン内部の埃は、ハンディモップなどで取り除きます。冷却フィンの埃は、掃除機で直接吸い取ると素早いです。次にエアコンのパネルや上部、吹き出し口、ルーパーといった各部位を水拭きします。ぬるま湯にぞうきんを浸してから拭いていくと汚れも落ちやすくなります。

なお、近年はお掃除機能付きのエアコンも販売されています。自動でフィルター清掃をしてくれますが、埃が溜まるダストボックスの清掃は必ず必要です。定期的にダストボックス内の埃を捨てる事が必要となります。初めてエアコン掃除を行う場合でも、以上のポイントを抑えればスムーズに掃除が出来ます。