自宅のエアコン掃除のコツについて

エアコンは、使っているうちに埃やカビなどが発生してしまいます。定期的に掃除をしないと衛生的にも悪いです。エアコン清掃は、専門業者に依頼すると費用もなかなか高くなってしまいます。自分で出来る範囲のエアコンを掃除すると費用もかからずに済みます。自宅のエアコン掃除をする場合のコツやワンポイントを紹介します。

エアコンの掃除でまず初めに行う箇所がフィルターの清掃です。フィルターをそのまま取り外してしまうと、埃がフローリングに落ちたり室内に舞ってしまいます。埃が舞ってしまうと吸い込んだり、フローリングの掃除も大変です。

まずは、フィルターを取り外す前に掃除機を使ってフィルターの埃を吸い取ります。掃除機である程度、フィルターの埃が取れたらシャワーなどを使って水洗いでフィルターの埃を取り除きます。シャワーの水圧を使えば、短時間で効率良く埃を取り除けます。また、水洗いすれば埃が舞わずに済むメリットもあります。

水洗いしたフィルターは、乾いたタオルで水分を取り除きます。続いてエアコン本体の吹き出し口の掃除を行います。吹き出し口にも埃やカビがたまりやすいです。吹き出し口を通って室内に空気を送るため、汚れていると汚い空気を室内に送ってしまいます。吹き出し口の掃除をする前に、まず安全に掃除するためエアコンのコンセントを抜いたり、ブレーカーを落として電源を切ります。

次にルーパーを手で回して吹き出し口の掃除がしやすい位置にします。キッチンペーパーにお湯を浸けて、吹き出し口を拭いていくと埃やカビが取り除きやすくなります。お湯以外にも、台所用の中性洗剤などを使うとカビが除去しやすいです。キッチンペーパーを割り箸や棒などに巻き付けると、先端までが長くなり奥まで掃除がしやすくなります。

以上のように素人でも、出来る範囲でエアコンの掃除が可能です。特にフィルターや吹き出し口、ルーパー部分などは掃除が出来る箇所ですので、定期的に掃除を行い清潔に保つ事が大切です。