エアコンでかかる費用を減らすコツ

エアコンでかかる費用、意外と安くはないのはみなさんご存知なはず。そんな費用は少しでも減らしたいですよね。そこで私の思う、費用を減らすコツをご紹介します。

エアコンは消費電力が意外と多い

エアコンといえば夏や冬になると必要不可欠ですが、予想以上に電気代がかかり請求書を見て驚くことも多いと思われます。特に賃貸マンションで一人暮らしをするとエアコンを使う時期は電気代が大きく上がりやすく、どのような仕組みで費用がかかっているか知りたいものです。

一般的な家庭では通常の季節ではエアコンは電気冷蔵庫の半分程度で、照明器具やテレビよりも低い割合になります。しかし、夏場になれば消費電力が大幅にアップし、家庭全体の半分以上になることが多いです。また、冬場で寒さが厳しくなっても同じことになりますが、使用する頻度や温度調節の仕方でも変わってきます。

どのようにすれば節約ができるのか?

エアコンには自動運転があり、設定すると風量を最適な強さに調整してくれます。逆に、風力を下げれば電気代を使わないようなイメージがありますが、実際には設定温度に達するまで時間を要して逆効果になりやすいです。

次に、設定温度と風向きを調整する方法ですが、冷房の温度を1度上げたり暖房の温度を1度下げれば10%以上の節電ができます。風向きは温かい空気は上に上がり天井付近に留まり、逆に冷たくなれば床の上に溜まることが特徴です。

このため、冬は風向きを下向きにし夏は水平にすると部屋の中の温度のムラをなくせ、冷暖房の効果を高めやすいです。

フィルターや室外機をチェックしよう

フィルターはそのまま放置するとゴミやホコリが付着し、冷暖房の効果が弱まり電気代が10%近くも高くなります。このため、2週間に1回のペースを目安に考え、忘れずに掃除をするよう心がけると効果的です。

次に、室外機はそのまま放置すると故障の原因にもなり、夏場は直射日光が当たることで働きが悪くなり放熱ができなくなります。また、吸込み口や吹出し口の近くに物を置いたり積雪があれば給排気を妨げるため、周囲を片付けたり負担がかからないようにすると効果的です。

フィルターや室外機は清潔な状態を維持しないと電気の無駄遣いになり、こまめにチェックする必要があります。