上手く使いたいエアコン

エアコンは各社ともその性能は上がり、機能面、省電力など全てにおいて満足度は高いはず。しかし、それでも日々の利用方法ひとつでさらに利便性、機能性は高まります。そんなポイントをいくつかお伝えします。

まず、エアコンだけではなく、扇風機や送風機との併用です。エアコンの風をいかに上手く室内にまわしていくことができるのか、非常に重要なところではないかと思います。

例えば、暖房の空気、暖かい風は上に向かいますのでうまく送風で循環させてあげれば、さらに電気代は下がります。逆に冷房。これは、扇風機などで冷たい風をうまく回してあげることでエアコンの電力を使いすぎず、フォローアップできることでしょう。

また、最近ではセンサー機能がついていますから、出来るだけ家族でエアコンを利用する際は固まって利用することで、より効率的に利用可能できるでしょう。

そして、エアコンで重要なのはメンテナンスです。エアコン自らがお掃除をする機能もありますが、基本的には定期的にフィルター交換を行ったり、埃を掃除する投資を行うことも必要だと思います。

実際にこうしたメンテナンスをきちんと行わないとエアコンそのものの寿命も短くなりますし、エアコンそのものの機能も発揮できなくなります。メンテナンスに関してはメーカーではなくとも専門業者さんに依頼すれば、特に問題なく手配してくれます。買い替え寿命が短いよりも投資も少なくなります。

また、こまめに電源を入れたり切ったりする方が効率的だと考えがちですが、こまめな電源の入り切りは一気に部屋を温めたり冷やしたりするために立ち上げで大量に電力が消費されます。最近のエアコンは消費電力も本当に少ないので、逆に必要に応じて電源をつけたままのほうが効率的な場合もありますので、部屋の大きさや時間によって使い分けを行いましょう。

実際に電気代を確認しながらそのシチュエーションによって有効な使い方を見つけていくことが非常にポイントが高くなると思います。