エアコンを賢く使いたい!夏場のエアコン節電のポイント

一昔前のエアコンといえば非常に電気代がかかるものというイメージでしたが、最近では節電効果が高まり、以前よりは電気代がかからなくなってきていますね。 しかしそれでもやはり、夏場毎日のように使っているとお財布にかなりのダメージがあるものです。そんなエアコンの電気代を少しでも浮かせるために、いくつかの工夫をしてみましょう。

まずは設定温度です。冷房は1℃高くすると10%ほど節電になるといいますから、冷えすぎず、かといって暑すぎない適切な温度に設定してあげましょう。もし途中で寒くなってしまったら電源を切るのではなく、温度を上げるのがおすすめです。エアコンというのは電源を入れたとき、つまり部屋が暑い状態から設定された温度に達するまでの間に最も電気を使いますから、一度消して室温が上がってしまうと再び下げるのにまた電気を使ってしまうのです。十分部屋が冷えたなと思ったら温度を上げ、室温と設定温度の差が開かないようにしておきましょう。

反対に暑いと感じるのであれば、温度ではなく風量を調整してあげるのがおすすめです。風を感じるだけで涼しく感じるものですし、温度を下げるよりも少ない電力で涼しくなります。扇風機を併用するのもよいでしょう。ちなみに風量は、起動時は自動設定にしておくことで効率よく部屋を冷やしてくれるのでお得です。風向きはスイングにしてしまいがちですが、床と並行の状態で止めておくと、冷たい空気が床にたまりがちになるのを防ぐことができるでしょう。サーキュレーターを活用するとより空気が撹拌されますし、他の部屋へ涼しい風を送れるのでおすすめです。もちろん他の部屋を涼しくする必要がないのであれば、ドアを締めておいたほうが効率よく部屋を冷やすことができますよ。

運転中以外にもポイントがあります。まずエアコンを動かす前に、換気をして熱い空気を外に追い出しておきましょう。その後はカーテンを閉めて直射日光を防ぎます。また、室外機の周りをきれいに整えたりエアコンのフィルターを掃除するのも、節電対策として有効です。

今の世の中でエアコンを使わずに夏を乗り切るのは至難の業ですし、改めて節電対策をしてみるのはいかがでしょうか!?