エアコンの風量設定はどうすべき?実は自動がおすすめな理由!

夏になると多くのご家庭でエアコンを使用することになりますが、実際にエアコンを使うときには、風量はどのように設定しているでしょうか? 強風、弱風、微風、自動などがありますけど、この中でどれが最もおすすめか?というと、実は自動になります。

自動というのは、自動で風量が設定されるので、必ずしも自分にとって心地いい状況にはならないのでは?と考える人がいると思います。 ただ、自動というのは一定の風量で固定されるわけではないため、そこは知っておいてほしいですね。

エアコンをつけたばかりのときには強風に近い風量で、部屋が涼しくなってきたら弱風や微風になる仕組みとなっているので、自動は風量がその都度望ましい状況に変化していきます。

したがって、エアコンの風量を自動に設定しておくと、効率的に部屋の中を涼しくしてくれます。 最初から強風にしていると、部屋が十分に涼しくなった後も強風のままであることが多いでしょうけど、そのような状況は無駄にエネルギーを消費していますし、電気代も高くなりやすいです。 逆に最初から弱風や微風だと、なかなか部屋が涼しくなりませんから、使ったエネルギーや電気代の割に快適にならないわけで、こちらも同じく無駄が生じてしまっていると言えますね。

そういった両極端の状況を排除し、最も効率的に部屋を涼しくすることができるのは実は自動に設定したケースであり、ここは知らなかった人も多いのではないでしょうか? 風量において、自動が存在すること自体はほとんどの人が知っていたはずですが、自動の本当の意味に関して正確に理解している人はあまり多くないと思います。 しかし、自動はエアコンを使用する際には最もおすすめの風量という事実を知っておくと、省エネや電気代の節約につながりやすいです。 強風ばかり、弱風や微風ばかりを使ってきた人は、かなり非効率な使い方をしてきたと言えるわけですから、自身のエアコンの使い方に関して、ぜひ見直してほしいと思います。